2018年12月9日日曜日

世界の終わりで、、、R.E.M.

この前、アメリカのロックバンド「R.E.M.」の、持っていなかったアルバムを中古でごっそり買い、ようやくオリジナルアルバムを全て揃えました。

オリジナルアルバムは全部で15枚!!

●R.E.M.

1983年『マーマー』
1984年『夢の肖像』
1985年『玉手箱』
1986年『ライフズ・リッチ・ページェント』
1987年『ドキュメント』
1988年『グリーン』
1991年『アウト・オブ・タイム』
1992年『オートマチック・フォー・ザ・ピープル』
1994年『モンスター』
1996年『ニュー・アドベンチャーズ・イン・ハイ・ファイ』
1998年『アップ』
2001年『リヴィール』
2004年『アラウンド・ザ・サン』
2008年『アクセラレイト』
2011年『コラプス・イントゥ・ナウ』

改めて見ると、、、、全部手元にあるわー〜〜ー!!!このブログを書きながら思わすニヤニヤしてしましました。

R.E.M.のアルバムを買う時は、なるべく日本盤の和訳カードが入っているのを見つけて買っていました。

R.E.M.の魅力のひとつは、なんと言っても文学的なまでにミステリアスな歌詞です。多分この歌詞が好きか嫌いかで、このバンドの好き嫌いが別れると思います。

アルバム「アップ」に収められている「デイスリーパー」という曲の歌詞の和訳を引用します。

●R.E.M. / Up



・Daysleeper
https://youtu.be/uUcKeKt8C1k


「デイスリーパー」

午前3時の受け取り部署
年配の社員はほとんど人事カットされてしまった
辞令が掲示された
コールバックも文句なしに
辺りは静かだ

香港とつながっている
台北は目覚めている
みんな24時間のリズムのことを話している

すり減った新聞の文字で今日を見ている
僕の夜は頭痛の灰色なんだ
デイスリーパー

強弱と弱者がそれぞれの
領域に印をつけている
国際的な栄光で
目の見えないものを導いている

僕が画面なんだ、目が眩む光り
僕が画面だよ、夜に仕事をしている

すり減った新聞の文字で今日を見ている
僕の夜は頭痛の灰色なんだ
そんなに沢山のことで起こさないでくれ
デイスリーパー

この前の夜は泣いていたよ
何故だかも分からない
蛍光アパートにカフェインの明り
バランスを取るのが難しいんだ

僕が画面なんだ、目が眩む光り
僕が画面だよ、夜に仕事をしている
今日を見ている、、、、
そんなに沢山のことを起こさないでくれ
オーシャンマシーンは9に設定されている
僕は天国とバレンタインになんとか行って見るよ
ベットが僕を引っぱっている
引力だ

デイスリーパー、デイスリーパー
デイスリーパー、デイスリーパー、デイスリーパー


こんな感じではっきりしない言葉がづらづらと並んでいて「結局何が言いたいの?」言いたくなりますが、こいうはっきりしない不安感!!みたいなものを表現しているんですよ!!きっと。

歌詞で何かを物語るというよりは、歌詞の文章を楽しむ、という感じです。

でもよくよく読むと政治的だったり社会的な歌詞もあったりなんかして、そこがやっぱりロックだな!!と思う訳です。

もっと色々書きたいのですが、(例えばどのアルバムがいいか?とか、アンプラグドがまた素晴らしいなどなど)書き出すとまとまらなくなりそうなので、今回は「アクセラレイト」の「アイム・ゴナ・DJ」の歌詞を引用してお終いにしたいと思います。


●R.E.M. / Accelerate




・I'm Gonna DJ
https://youtu.be/Fm15czRyCGk

このライブ映像テンション上がりますね!!!やっぱり最高だーー!!


「アイム・ゴナ・DJ」

死とは本当のファイナル
僕が集めるヴァイナル
DJするんだ 世界の終わりで
だって天国にイカしたプレイリストがあるのなら
世界の終わりで 逃す手はない

ヘイ 落ち着いて 落ち着いて
ヘイ 落ち着いて 落ち着いて
きちんと心の準備ができるまで 行くつもりはまだないんだ

心にあるもの
心で感じるもの
わかったこと
わかること
心にあるもの
心で感じるもの
わかったこと
オー マイ オー マイ
だけど「ここを抜けて自分の道を回してみせる」
って主張する熱狂家の
Jack Pruitt
蛾が月の周りを回るように
君が部屋をぐるぐる回るように

音楽は
抵抗不可能な光をもたらす
抵抗不能な
抵抗不能な

ウェブログに当惑して
君は怖じ気付き ちょろまかす
シアトルのエレベーターなしのアパートで
初めての戦いをやった場所
ヒモを投げてクビを絞めた

もっと闘わせてもらうとしよう
闘おう
闘おう

なぜなら死とは本当のファイナル
僕が集めるヴァイナル
DJするんだ 世界の終わりで

ヘイ 落ち着いて 落ち着いて
ヘイ 落ち着いて 落ち着いて
きちんと心の準備ができるまで 行くつもりはまだないんだ

ヘイ 落ち着いて 落ち着いて
ヘイ 落ち着いて 落ち着いて
きちんと心の準備ができるまで 行くつもりはまだないんだ

音楽は
抵抗不可能な光をもたらす
抵抗不能な
抵抗不能な
そう







2018年12月2日日曜日

秋ヶ瀬バイクロア8

秋ヶ瀬バイクロア8!!今年も参加して来ました。



去年はトラッククロスでコテンパンにやられてしまったので、今回はもう少しゆるいデニムクラスに参加しました。



名前の通りドレスコードはデニムです。今回ツギハギだらけのジーンズとデニムジャケットを着用。ちなみにデニムジャケットは、汗っかきの自分としては暑くて蒸れます。



相変わらずゆっくりペースで上位集団から1周差、、、、時間は20分なので楽しく走れました!!

いやーー楽しかった!!!しかし、時間はまだ午前中、このまま帰るのも忍びない。

せっかく固定ギアで参加しているんだから、あのレースも参加しちゃう!!

なんて思ったのが間違いでした。

調子に乗ってトラッククロスにエントリー。

トラッククロスは固定ギアだけのレースです。

時間は30分!!30分間ほぼフルスピードで走る事になります。

スタート直前。



トラッククロスは異様な熱気があります。

参加する人が皆んな若くて活気があります。

そこに呑気者の自分がノコノコ参加するのですから、自分のオッサン感をこれほど強く感じる瞬間はありません。

でも去年より今年の方が参加者が多くて心強いです。

自転車までダッシュしてスタート!!



今回の目標は力尽きる事なく30分間を走りきる。

体力温存の為後方につきます。



1周目、2周目あたりはまだいいのですが、3周目あたりから息が切れ始め、集中力も低下していきます。

それでもなんとかペースを落とさずに、前にいる選手についてく感じでなんとか走ります。

速い人は私と1周の差をつけて来ます!!もう肺活量が違いますね、、、。



4周してようやくゴール!!もう酸素不足で頭が痛い!!

でもバテる事なく走りきりました!!!

夜もくれて来たので、肝心のリザルトを見ずに帰ってきてしまいましたが、まぁ今年も頑張ったな!!という事で満足して今回のレースも無事終了。


2018年11月25日日曜日

小田急線沿線の山々

最近めっきり行かなくなってしまった小田急沿線の山々。久しぶりに行ってみる事にしました。

場所は悩んだあげく足柄峠に決定。地図でみるとたくさんの林道が通っていて、しかも金時林道は約10km程のダートが続くのだとか!これは行ってみるしかない。

小田急線、新松田駅から出発。

そのまま大雄山駅をすぎるといきなり激坂が続き、頑張って登っていくと南足柄市郷土資料館に到着。

資料館の脇から林道へ突入です。ゲートは開いていて、なんてフレンドリーな林道なんでしょう。



舗装はされていますが、なかなか荒れています。全体的にちょっと薄暗いです。

このあたりはいろんな林道が交差していて、自分が今どの林道を走っているのかよく分からなくなります。

地図も持ってきましたが、やっぱりこいう時はスマートフォンが便利ですね。



雰囲気もよく、急は勾配も無く、気持ちよく走れます。

道は舗装されてはいますが、場所によってはかなり荒れているのでシクロクロス車で来た甲斐がありました。



林道でも綺麗に舗装されていると「これならロードでも走れるじゃん」みたいに思って、シクロクロス車で来たのに残念、、、なんて思う事もあるので(実に勝手ですが、、)このくらい荒れてないとやっぱり面白くないです。

しばらく走ると夕日の滝のあたりに出てきて足柄街道に合流。

ここから峠まではなかなかの急勾配区間。

以前トモニー号でも来ていて、その時もだいぶ苦労して登りましたが、ギア比が違うマジィ号なら楽々かなと、、思っていましたが、やっぱりキツイ坂はどんな自転車で登ってもキツイですね。

ゆっくりペダルを踏み込み、汗だくになりながら足柄峠に到着。

ここから富士山を豪快に眺めます!!!



ワンダフル!!

夏に来ると雲で隠れてしまう事が多いので、このくらい綺麗に見えると嬉しいですね。

お昼休みをして、ここから本命の金時林道!!

しかし、行く準備をしていら大型ダンプカーが2台も林道の方へ!スターウォーズ的に表現すると I have a bad feeling about this!!

おずおずと行くと、林道の入り口に巨大なダンプカーがしっかり止まっていて「全面通行禁止」の看板がデカデカとありました。

アスファルト化の工事でもしているのでしょうか、、走れなかった上にちょっと複雑な気分。

気分を変えて、365線を走ります。この道初めて通りましたが、けっこう眺めのいい道ですね。

しかし富士山はもう雲に隠れてしまいました。

途中から大沢林道という、いい感じの林道を発見!行ってみる事に。



こちらも舗装されていますが、なかなかの荒れ具合。



途中からダートになりますが区間としては短いです。



なかなかダイナミックな林道!



けっこう満足感がありました。

林道を下り、駿河小山駅周辺に到着。

ここからは一般道を通って、新松田に到着したら今回の旅も無事終了。



足柄峠は真っ赤なもみじもありましたが、紅葉の見頃にはまだ早いようです。

2018年11月18日日曜日

ブルーの自転車

カミさん用に買ったブルーの自転車!FAIRWEATHER CX



この自転車でキャンプやダートコースを死ぬほど楽しもうとした矢先!!

なんとカミさんが妊娠してしまいました!!

とてもおめでたい事です。

おめでたいのですが、その影響でしばらくブルーの自転車も床の間に飾られているだけになってしまいました。

でも床の間に飾られているだけでは忍びないので、ならば「カミさんが乗らない間にちょっと自転車をいじってみよう!!」という考えに至りました。



私が気になっていた部分はとにもかくにもギア比です。

以前フロントのチェーンリングを42Tから38Tへ変更したのですが、それでも一番軽いギア比で約1.5!!

林道も走るならさらに軽いギア比が欲しい所。

雑誌によると「1対1のような低いギア比なら安心」との書いてあり、自分自身も何箇所か林道走りましたが、やっぱり軽いギア比の方が安心感はあるよな、、、と思っていました。

そんな時にバイクショップをブラブラ見ていたら、11-34Tというカセットスプロケットが売っているではないか!!値段もお手頃だし、幸運にも以前間違えて買ってしまったスプロケットを外す工具もある!!

しかも38Tと34Tならギア比は1.12!!これなら1対1とまではいかないまでも、かなりいいライン!!これはやるしかない!!

という訳で交換してみました。



こうして見てみると34Tだけ異常にデカい!!

メガレンジと書いてあったので調べてみたら「通常のスプロケット構成にプラスする1枚のスーパーローギア。34Tメガレンジが思いもよらない坂道の出現に超軽ギアで対応します」

つまり最後の必殺技!!みたいなノリのようです。

早速走ってみよう!!というわけで狭山湖周辺を走って見ました。



ちなみにこの自転車、ドロップハンドルじゃないせいかサドルを上げれば一応私でも乗れます。



乗って見た感想「超楽しーーーー!!」

ギア比が軽いとこんなにも快適にダートが走れるんですね!!

自分の固定ギアに比べても格段に快適に走れます!!



ギア付の自転車を今回初めていじったのですが、これといった不具合もなく走る事がで来ました。

ギアをあれこれイロイロいじったおかげで、最近耳にする「コンパクトドライブ」や「フロントシングル化」が何を意味するのか、少しづつ分かって来ました。

「カミさんが乗らない間にちょっと自転車をいじってみよう!!」作戦!無事完了です。

そして子供も無事生まれますよーーーに!!




2018年11月5日月曜日

固定ギアの衝動

気がつけばマジィ号も購入してから1年くらい経ちました。



中古という事でキズやら汚れのおかげで1年以上の貫禄を放っております。
今や珍しくなってきたトラックエンドのシクロクロス車!固定ギアとフリーギアを搭載していますが、ほとんど固定ギアで乗っています。



ギア比は固定ギアでぴったり2!!フリーギアは1.8です。

固定ギアの魅力を十分に楽しむのなら、やっぱりピストのようなバイクの方がいいのかなと、最近思うようになりました。

ギア比2はやっぱり軽いです。どちらかと言うと踏み込むというよりは回す感じになります。

あと、ギア比2だと回転が速すぎてストラップに足をはめるのが難しいです。

これはビンティング・ペダルに変えてしまえば解決する問題なのかもしれませんが、でもなんかビンティングって気分じゃないんです。

本当はフラットで使いたいんです。そのくらいゆるい気分で乗りたい自転車なんです。



それと、不安定な道では固定ギアだとクランクが絶えず回転しているので、フリーよりバランスを保つのが確実に難しいです。

なので、やっぱり固定ギアでダートはおすすめ出来ないです。

もうなんか不利な事ばかり書いてしまいましたが、それでも固定ギアで乗りたいんです!!!

固定ギアってもうなんか衝動なんです。野生の思考なんです。




「お前のMAD(狂気)が目を覚ます!」

固定ギアにはこの言葉が当てはまるなと、、、つくづく思います。






2018年10月29日月曜日

2001年宇宙の旅

キューブリック監督のSF超名作映画「2001年宇宙の旅」をimaxでみました!!



事の発端は国立映画アーカイブで「2001年宇宙の旅70mm版特別上映」というのが開催されて、映画はだいたい35mmフィルムが標準なんですけど、それが70mmで観れるなんてこりゃ凄い!!!と思って楽しみにしていたのですが、チケットが速攻で完売してしまい残念ながら見る事が出来ませんでした。

残念だなーと思っていたらimaxで上映するというので、さっそく見に行きました。

今までimaxで映画を見た事なかったのですが、とにかくスクリーンがデカいです!!これで「2001年宇宙の旅」を見れるのかと思うと始まる前からもうゾクゾクしました。



そして暗いスクリーンから音楽が流れ、、、ジャジャジャーーンとタイトルが現れると、もうそれだけでも震えが止まりませんでした。

それにしても映像が綺麗ですね!!50年前の映画とは思えないほど鮮明で美しい映像は息を呑無ほどでした。

途中休憩を挟んで(この休憩けっこういいですね)後半はもう口をあんぐり開けて、ただただ映像に目が釘付け。

超感動しました。想像を超えるほどの素晴らしい体験でした。

そして「2001年宇宙の旅」は今見ても名作の名にふさわしい作品だなと改めて思いました。

2018年10月21日日曜日

埼玉古墳群へ

久しぶりに100km以上のロングコースを走ってきました。
行き先はヘルシーロードを通って埼玉古墳群へ。



今回平坦の長いコースを走ったのには理由があり、トモニー号のステムの長さを変えんたんです!!

110mmから100mmへ10mmほど短くしたのです。

実は!!以前から平坦の長い距離を走ると肩が痛くなるんですよね。なので持つ場所とか変えて乗って走っていたのですが、いい加減変えようと決心した訳です。

わずか10mmの差でどの程度効果があるか??さっそく効果検証です。





日差しが気持ち良く、緑が気持ちいい!!走っているだけで日頃のモヤモヤが解消されますね。サイクリングってやっぱり気持ちいい。

途中コスモス祭りが開催されていました。これだけ花が咲いていると圧巻ですね。ビューティフル!!



稲穂がキレイですね。ヘルシーロードは季節感が感じられていい道ですね!!



台湾料理屋さんで天津飯と餃子を食べ、さらに走ります、、、まだまだ埼玉古墳群は見えてきません。

分岐点まで来るとあと少し!!!栄光のレットカーペットみたいです。



ようやく埼玉古墳群に到着!!!







正直ね、写真だとよくわからないんですが、なかなか迫力があります。人間ってなんでこんなもの作るんだろう??と不思議に思います。

気がつくと雲がモクモク!!

帰りは荒川サイクリングロードで帰りましたが、なんと雨がザーザー!行きの晴天が信じれれないほどの急変で、帰りはずぶ濡れ!!

時々雨が弱まりますが、また降り出すの繰り返し。



半円の虹がくっきり出現!!これはすごい!!テンション上々!!



雨の降る所、弱まる所がくっきり目で見れる!!



雷もピカピカ。イナズマってこうやって見ると本当に龍みたいに見えますね。



ずぶ濡れになって今回の旅も無事終了。


そして冒頭にも書いたステムの効果ですが、、、全く肩の痛みを感じる事なく走りきる事が出来ました。

もっと早く交換すべきだったなと、、後悔。

こいう部分は気になったら即交換が賢明ですね。


正直な事を書くとですね、ステムの高さを変えるべきか、長さを変えるべきか、そもそもハンドルを変えるべきか、、、いろいろ悩んでいたんです。

ステムを高くするのが良いかなと思っていたんですが、あまりステムを高くしてしまうと、ちょっとカッコ悪いんですよね、、、。

街乗り号とかマジィ号と比べてスピード寄りのトモニー号なので、少し前傾気味で乗りたい!!そんな思いがあったんです。

そして、この前トモニー号に乗った時に思ったんですよ。これ、ステムが低いのではなく、長いのでは??と。

そして交換に踏み切れたわけです。

しかしわずか10mmの差でここまで変わるので、やっぱり自転車のポジションって難しいなと改めて思いまいした。