2019年2月24日日曜日

心地よい音楽、山下達郎

またまたですが、山下達郎です。

まずは、以前気になっていたと書いたFOR YOU


●山下達郎 / FOR YOU



これはもう、一曲目の「SPARKLE」のカッティング・ギター!!これがカッコイイ!!

https://youtu.be/dx1GRwgRFIw

また、鈴木英人によるアルバムのイラストも雰囲気があっていいですね。とにかく爽やかで開放感があって、聴いていてとても気持ちがいい。

山下達郎の1つの頂点と言ってもいいくらい、山下達郎の理想が詰まったような作品なんじゃないかなと思いました。

このアルバムと次に出したアルバムで以前紹介した「MELODIES」を比較するのも面白いです。

個人的には「FOR YOU」がリゾート的な雰囲気があるのに対して「MELODIES」は都会的な雰囲気があるように感じます。

●山下達郎 / pocket music




●山下達郎 / cozy



山下達郎のアルバムは正直どれを聴いてもそんなにハズレがないですね。

特に比較的最近のアルバムには必ずと言いていいくらい聴いた事がある曲が1曲くらいはあるので、そいう意味でも聴きやすいアルバムが多いと思います。

そして夢を見ているような心地よさ。肌触りの良さ。パンクとかニューウェーブとか聴いていると、この心地良さが現実から目をつぶってしまうのでは?と思ってしまう時もあるのですが、それでもいいんだよと、、、そっと囁くような心地よさ、、、これが山下達郎の魅力なのかなと思います。


ネットで知ったのですが、海外の人達にも「シティ・ポップ」というカテゴリーで、山下達郎とか、その周辺の人達が評価されているみたいです。

なるほどね〜〜シティ・ポップ!!

話が飛んでしまうのですが、自分が思う「シティ・ポップ」って何かなぁ、、と考えたんですが、なんとなく浮かんだのがニュー・オーダーの「リパブリック」ですかね、、、。


・New Order / Republic




理由はともかく、考えていくと音楽と風景のイメージってけっこう繋がりやすいのかなと思いました。

風景を感じる音楽特集!!こんどやってみたいと思います。





2019年2月17日日曜日

横浜を散策!

自転車で横浜を散策してきました。



自転車だとそんなに観光しませんが、今回は日本郵船歴史博物館に行ってみました。

なんでこの博物館に興味が湧いたのかと言うと、ちょっと前にジュール・ヴェルヌの「八十日間世界一周」を読んだからです。

ちなみにマイケル・アンダーソン監督の映画版も見ました。これは自宅にいながら世界旅行の気分を味わえる作品で、日曜日とかにのんびり見たい映画です。

「八十日間世界一周」の内容は割愛しますが、主人公が船で横浜港に降り立ちます。

今では海外に行くのに飛行機が一般的ですが、船で海外に行っていた時代はいったいどんな感じだったのかな?と思って、日本郵船歴史博物館を訪ねました。

戦前までは船がどんどん豪華客船化していき、ロンドンとかまで就航していたそうです。食事のサンプルが展示してありましたが、もうチキン丸々一匹とか!!絵に出てくるような豪華なフランス料理が提供されていたそうで、華やかな時代を謳歌していたんですね。その面影を残しているのが山下公園にある「氷川丸」だそうです。



その後戦争で多くの船を無くし、戦後の経済成長では貨物船が主流となり、客船はどんどん無くなっていったみたいです。

博物館を見たあとは、中華街で昼食。



中華街は本当に沢山のお店があるので、どこに入ればいいか分からなくなります。

とりあえず空いてそうなお店に入り、あんかけチャーハン??みたいなのを注文!!

ワンタンもついてきて、とても美味しかったです!!満足。

この後新横浜方面へ。

イケアの裏あたりは里山の雰囲気が残っているそうなので、ちょっと走ってみます。



竹やぶなど雰囲気があっていいですね。でもまぁ正直わざわざ行くような場所ではありません。

途中、梅が咲いていていました。春はもうすぐですね。





今回の旅も無事終了。















2019年2月11日月曜日

自転車ネットサーフィン

だらだらとネットサーフィンをしていると、気がつくと自転車のサイトなんかを見てしまい、そこでカッコイイ自転車などを発見すると、ついつい保存してしまいます。

今回、そんな保存してしまった画像の自転車を紹介したいと思います。ちなみにモデル名とかまではよく分らないので割愛します。

まずはイタリアのロードバイクの王道「デ・ローザ」から。



現在最新のロードバイク!!!この流線型とビビットな赤と黒が力強くてイイですね。またシートチューブとシートステーが繋がっているところに「SK」と書いてありますが、このロゴの入れ方もスマートでカコイイ。あとホイールに赤いグラデーションでロゴが入るのもカッコイイですね。もう見るからに速そうで、憧れのスーパカーのようなロードバイクです。

そしてデ・ローザの芸術的なバイク!!



このトップチューブに付いているエアロフィンが性能的に意味があるものとは思えませんが、もう芸術的です。日本だとこいうデザインってなかなかやらないですよね。日本は良くも悪くも剛健質実なデザインが多いように思います。でもイタリアはなんかこいうのをカッコよく取り付けてしまうんですよね!!

そして個人的に好きなデザインがこのロードバイク!!



フレームがこれでもか!!ってくらいグニャグニャです!!!たぶん力の加わり方とか振動の吸収性などを色々計算してこいう形になったのではないのかなと思いますが、今のロードバイクの主流の形を見ると、こんな形はあまり見ないので、これは考えすぎてしまった過激なデザインだったんじゃないのかなと思います。でもこいうデザイン、個人的には大好きです。

グニャグニャと言えばイギリスの「ヘッチンス」もカッコイイです。



イギリスのプロダクトは歴史を感じる重厚なデザインが特徴のように感じます。

余談ですが、イギリスのバイクメーカー「トライアンフ」の、ファンの集いみたいな動画があり、これがまたカッコイイです。

https://youtu.be/CFCvaOdZWzw

イギリス人のプロダクト愛を感じますね。

イギリスつながりでもう1台!!



たしかこれは「モールトン」だったと思いますが、折りたたみ式のツーリングバイクです。
このパニアバックがいい味ありますね。これでローカル線を乗り継いで、無人の駅に降りて、えっちらおっちら山をゆっくり登り、キャンプしたいですね。夢の広がるバイクです。

ツーリングバイクでカッコイイというか、度肝を抜くのがオランダの「コガ」のバイクです。



ママチャリとツーリング車が合体したような自転車で、これでもか!!ってくらい最新の便利グッツが装備されていて(確か鍵も付いていた)ハンドルも他ではあまり見ない形状で、初めて見たとき、この自転車はいったいどうなってんだ??と思いました。

コガは面白い自転車が多くて、個人的にはけっこう憧れのブランドです。

ますはミキストタイプのクロスバイク!!しかし、ロードバイクのパーツが付いている所を見ると、かなりスポーティな走りのバイクなんじゃないかと思います。



そして一目惚れしたのがファットなタイヤが入るロードバイク!!欲しいです!!



これで浜辺とか走っても面白いですね。夢が広がります。

ロードバイクも細身でとてもカッコイイ!!



日本だとコガのバイクはあまり見かけませんが、だからこそ欲しいブランドです。


まだまだいっぱいありますが、キリがないのでこの辺でお終いにしたいと思います。


最後に、以前も紹介したかもしれませんが、「サイクルペディア自転車事典(著:マイケル・エンバッハー 翻訳:一杉由美(GAIA BOOKS)」という本が、もう本当に色々な想像もつかないような自転車がいくつも紹介されていて、眺めているだけでも面白いです。











2019年2月3日日曜日

気が付いてしまった事。

最近気がついたのですが、、、

以前乗っていたミヤタのフリーダムという自転車(というかフレーム)。



今は押入れの奥に仕舞い込んでいるのですが、この前ふとしたキッカケで、とんでもない事に気が付いてしまいました。

この自転車、固定ギアで乗っていたので、見ての通りトラックエンドなんですが

エンド幅が130mmだったんです!!

この事実が何を意味するか!!

固定ギアのフレームって、基本エンド幅は120mmなんです。

しかし、ロードバイクはギアが沢山あるので、その分エンド幅も広がります。

そのロードバイクの今の標準的な幅のサイズが130mmなんです。

という事は、、、

ロードバイクのホールが入ってしまうという事実!!

待てよ待てよ、、

こんな事があっていいのか??

試しにカミさんのロードバイクのホイール借りて、はめてみました。



なんと!!!何ごともないかのようにすっぽりと入るではありませんか!!!!



ちゃんとクルクル回ります!!!

という事は、、、、

こんな感じのディレイラーハンガーを取り付ければ、、、



なんと多段ギア化できてしまうという事実!!!

マジか!!!

妄想が止まらない、、、、、、、、、、、、!!!!!!!!!!!!!!!

さすがにロードバイクとして組むのはフレームのスペック的にもサイズ的にも難しいけど、ハンドルをアップライドにして、フロントシングで、9速くらいの変速機をつけて、街乗りからオンロードのみのゆるい旅行まで、幅広く使える自転車として組む事が可能なのでは!!!



↑こんな感じでリアに変速機があるバージョン!!


待て待て


つい1ヶ月前に新しい自転車を買ったばかりじゃないか!!!!!!

しかもカミさんのも合わせると我が家には7台の自転車があり、もう置く場所がない!!!

ましてや赤ん坊も生まれたので自転車どころの話ではないハズ!!!


という訳で、今のところはフレームと妄想をそれぞれの片隅に追いやっているのですが、とんでもない事実に気がついてしまったなと、、、思った訳です。


ミヤタのフリーダム。安価な自転車ではありますが、、意外と懐の深い自転車ですね。



2019年1月29日火曜日

子供の頃に見たトトロと、今見るトトロ

カミさんが出産を終え、無事子供が生まれました。



出産に立ち会いましたが、ほんと、人間てスゴイなと、、、こうやって人間は生き延びてきたんだなと思いました。そして自分もこうやって生まれてきたんだなと思うと感慨深いです。

妊娠を初めて知った時は、もう不安しかありませんでしたが、お腹が大きくなるたびにだんだん心の整理できてきて、すこしづつ嬉しい気持ちへと変化していきました。

そして頭の髪の毛が見えてきて、顔が出てきて、肩が抜けると、、体を動かしながらよく泣いていました。その姿を見ると安心しました。

話は変わりますが、この前子供の頃によく見たジブリのアニメ「となりのトトロ」を超ひさしぶりに見ました。



子供心にトトロという不思議な生物に会える、ワクワクするようなアニメだと思っていたのですが、

今見るとその印象がガラッと変わりますね。もう大人の目線で見てしまいます。

サツキちゃんとメイちゃんがね、母さんが病気で寂しい気持ちも絶対あるのに、元気で前向きで、健気すぎて泣いちゃいました!!生きる力ってこいう事なのかなと思いました!!子供達スゴイ!!

それに比べるとトトロはね、、、寝てるだけだし、可愛い子がくると「手伝ってやろう!!」とやる気になるあたり、、、もうただのオッサンだなと思ってしまいました。

まぁトトロをオッサンと片ずけてしまうと、なんの可愛さも面白みもなくなってしまいますが、、、。

子供の頃に見たトトロと、今見るトトロ、となりのトトロを見て「これから自分は親になるんだなと、、、」ひしひしと感じました。



2019年1月27日日曜日

自転車を担いで行く!

最近自転車を担いでトレイルコースを歩くという事に目覚めました。

自転車を乗るのではなく担ぐのです、、、、関係ありませんが、こういう時にこそ超軽量バイクが活躍するなと、、思います。

きっかけはマジィ号に乗って林道を走った時、固定なのでもちろん登れない坂もあり、そいう時は自転車を押して登るのですが、どうせ自転車を押すならもっと険しい道を行ってもいいんじゃないか?と思ったのがきっかけです。

こいう自転車を担ぎながら山を越える遊び方を、山サイ(山岳サイクリング)とかパスハンティングとか言われています。ランドナーを山用に改良したパスハンターという車種もありますが、ごく一部の自転車愛好家にしか伝わっていないので、今でも謎の多い自転車カルチャーです。


もちろん山サイほど本格的な事はしませんが、手始めに奥多摩むかし道を走ってみる事にしました。



奥多摩むかし道はほんとんどが砂利道で、結構引き締まっているので細いタイヤでも行こうと思えば行けます。しかし途中からトレイルコースになるので、そこの部分を自転車を担いで行ってみました。

奥多摩のダムがダイナミックに見えます。



いつも通っている道を下に見るのもいいですね。



ハイカーの人もいるのでとても気を使います、、、、自転車を持っているとかなり邪魔なのでハイシーズンには行かない方がいいかもしれません。

奥多摩湖が見えたら道は舗装路になるので一気に下ります。




よく行く場所でもなんか違う場所に来たみたいで、これはなかなか楽しい!!


という訳で、次は小仏峠を越えてみました。

小仏峠は途中まで林道が通っていますが、勾配もあるので結局自転車を押して登りました。



ここから先はトレイルコースなので自転車を担いで登ります。

次から次へと出会うハイカーに「大変ですね」と声をかけられました、、、なんだか恐縮です。

ゆっくり歩いて小仏峠到着。



東京の街が一望できました!!けっこういい眺めすね。

一休みして、今度は下ります。



幸いにも相模湖側に下るハイカーはあまりいない様子だったので、ちょっと自転車に乗ってみました。

さすがに固定は怖かったのでホイールをひっくり返してフリーギアに変更。



ブレーキを使いながら、思いっきりおケツを後ろに引き、少しづつ下ります。

普段ほとんど使わない下ハンドルが今回は大活躍!!!

時々サドルに股間をぶつけそうになるので怖いです。



しかし、この山下りが思った以上に楽しい!!!!甘い蜜を吸ってしまったような気分。



という訳で無事相模湖側に下って来ました。

ハイカーもいるので、なかなか気を使いますが、、、なんか他にも行けそうなトレイルコースを探してしまいそうな予感!!

その後大ダルミ峠を登り、久しぶりに峠のラーメン屋「富士屋」へ。



ここのラーメンは湧き水を使用しているとの事ですが、そのせいかスープがとても澄んでいるというか、爽やかな感じがして、そのスープににちじれ麺が絡み、やっぱり美味しい!!

そして峠からバッチリ富士山!!



短い距離でしたが、なかなかの充実感を感じ、今回の旅も無事終了!!



2019年1月20日日曜日

自転車が変われば気分も変わる

最近は新しく買ったフジのアーカイブトラックでサイクリングを楽しんでいます。



狙い通りのスポーティな自転車で、これでサイクリングロードをひたすら走るだけで、トモニー号で峠を走った時くらいの疲労感に襲われます。

この前は荒川サイクリングロードと入間川サイクリングロードを走って川越まで行きました。

せっかく川越まで来んだから、なんか美味しいものでも食べよう!!となって、色々調べたら、川越はうなぎが有名との事!!疲れた体には何だか良さそう!!



という訳で「小川藤」というお店に入り白焼を注文。外で20分くらい待った上に店内もそんなに暖かくなかったので、もう手がかじかんで震えながら食べましたが、香ばしくて中がふっくらしていてとても美味しかったです。このまま熱燗飲みたかったです。

距離もそこまで長くないし平坦なコースなので、トモニー号で走った時はちょっと物足りない感じがしましたが、フジ号だともう体がヘトヘトでびっくりするぐらいの疲労感でした。


そして今回は多摩川サイクリングロードを走りました。

今まで浅川サイクリングロードの方へ行くことがほとんどだったので、玉川兄弟にひさしぶりに再会しました。



また戻り滝山城跡へ向かいますが、途中寄り道。



酒蔵です。この看板を見たら欲しくなってしまい、、、近くの酒屋に寄ってみたら、営業中だけど店は閉まっていて、「2階のインターフォンを押してね」みたいな事が書かれていたので、恐る恐る2階に行ってインターフォンを押したら店員のおばちゃんが出てきて、ようやく倉庫みたいなお店を開けてくれました。

そして店員のおばちゃんに「一升瓶の方がお得よ!!」「そのバックなら入るでしょう」と言われてしまい、、、



ご覧の通り一升瓶を買ってしまいました。クソみたいに重いです。

お店のおばちゃんと世間話をして、お見送りまでしてくれてお店を後にしました。

その後滝山城跡へ

石畳を歩きながら登ります。



上に着くと、思ったより景色がよく、西武ドームまでみえます。サイクリングロードの近くにこんな場所があったなんて知りませんでした。いい発見です。



ここでランチを食べて少し休憩。

太陽がサンサンと出ていて、とても暖かい。

冬の太陽の暖かさって、何でこんなにも幸福な気分にさせてくれるのでしょうか??いつも不思議に思います。

さてさて、この暖かい太陽が沈む前に帰路につきます。

よく走るサイクリングロードですが、自転車が変われば気分も行く場所も変わりますね。

新しい発見ができて今回の旅も無事終了。

日本酒、フルーティでクセがなく美味しかったです。