2020年1月26日日曜日

そっと溶かして混ぜ合わせたような音響世界!!Doubling Riders

前回「THE 39 CLOCKS」の5枚組CDボックスセットを買った事を書きましたが、ボックスセットシリーズという事で、イタリアの摩訶不思議バンド「Doubling Riders」の6枚組CDボックスセットを買いました。


●Doubling Riders / The World of the Doubling Riders



このボックスのデザインだけを見ると、ちょとアカデミックな実験音楽なのか??と思いましたが、ゲストで参加しているミュージシャンに最高にイカれた夫婦バンド「Bene Gesserit」の「Alain Neffe」や、以前このブログで紹介したエレクトリック・ロック・グループ「Vox Populi!」、サウンド&パフォーマンス・アーティストの「Christina Kubisch」、実験音楽やトイ・ポップ・アンサンブルを行なっている「Pascal Comelade」などなど!!多彩なミュージシャンが参加しているので、単にアカデミックな実験音楽とは言えない感じもあり、ちょっと内容が掴みにくい。

中心的なミュージシャンは「Francesco Paladino」とか「Pier Luigi Andreoni」とか、、、正直よく分からない!!!

まぁそんな得体の知れないバンドの6枚組CDボックスセットを直感だけで買ってしまう自分も自分だが、早速聞いてみると、、

何じゃこりゃ!!!

第一印象はアンビエントと民族音楽を合わせたような静寂感のある音楽だけど、よくよく聞いてみるとニューウェーブとかインダストリアルとか、または実験音楽のような要素もあり、色々な音楽の要素が溶け込んでいて、非常に複雑な音響世界が構築されています。

・The Doubling Riders - Pyramid
https://youtu.be/PfcfAaPQ4S0

・Doubling Riders, The - Industrial Lullaby
https://youtu.be/aL6VZe_qjao

いや!!これ凄いじゃないか!!おったまげてしまいました。

シリアスかと思えばユーモラスな音に変化するのですが、コラージュのように張り合わせているというよりは、そっと溶かして混ぜ合わせたような感じなので、静寂感というか心地良さの中に色々な音が展開していて、まるで魔法にかかったように不思議でユニークな音楽です。

このバンドに関わっているミュージシャンも非常に気になります。

新しい扉が開けたような感じがして、とても良かったなと思いました。




2020年1月19日日曜日

地味なヘッポコ・サイケデリック・ロック「THE 39 CLOCKS」!!

ドイツのニュー・ウェーブ、サイケデリック・ロックバンド「THE 39 CLOCKS」!!

これの5枚組CDボックスセットを買ってしまいました。

●THE 39 CLOCKS / NEXT DIMENSION TRANSFER



内容は!!

ファースト・アルバム『Pain It Dark』、1982年のセカンド・アルバム『Subnarcotic』、アウトテイクス/レフトオーヴァーズ/レアリティズを集めた2枚のアルバム、1981年の未発表ライヴの計5枚のアルバム

です!!

ドイツでは80年代のベスト・バンドと言われているそうですが、ちょっと眉唾ものです。

このバンドは、もともと「Zoned」というコンピレーション・アルバムを買ったのが知る切っ掛けになりました。


●THE 39 CLOCKS / Zoned



これはベスト盤みたいな感じす。レーベルの「De Stijl」はなかなかマニアックで素晴らしくヘンテコな音楽を数多くリリースしています。

・39 Clocks - Zoned 2009 (Full Album)
https://youtu.be/wn_1zTD3PCU


正直初めて聞いた時は、ニュー・ウェーブでも、ちょっとテクノっぽい感じやノイジーな感じが好きだったので、イメージしたのもと違ってちょっとガッカリした記憶があります。

それでもまぁ不思議なもので、何となく聞いていたら、、、、ナンカ味があるというか、噛めば噛むほど味のでるスルメバンドで、いつの間にかハマってしまいました。

音楽の展開がなんかヘッポコというか変な展開をするんですよね、、また。ギターも歪んでいるし、ボーカルも上手いのか下手なのかよくわかんない、決してハイクオリティなバンドじゃないし、前回紹介したニルバーナのように一発聞いてカッケイイわけでもない。

どちらかと言うと地味な感じすらしますが、その地味に歪んでいる感じが、何回も聞いていくと非常に面白く感じるようになります。

また、実験的な音をちょこっとずつ挟んでくるんですよ、そこがやっぱりポップソングには無い魅力があって、聞けば聞くほど味が出るというか、思わぬ魅力を発見してしまうような、どちらかと言うと弦人向けの音楽性なのかもしれません。

地味なヘッポコ・サイケデリック・ロック!!そんな感じのする素晴らしいバンドです。


今まで謎のバンドだったので、他にアルバムあるのかなぁ、、なんてネットで調べたら!今回の5枚組のCDボックスを発見した次第です。

まぁ思っていたよりも謎ではありませんでした。





2020年1月14日火曜日

やっぱり自転車ってイイな!!

前々回紹介したファミリーチャリ!!



子供が寝てしまうので「yepp sleeping roll」なるものを取り付けました。



フロントの子供が手を握る部分に取り付けます。

寝るとこんな感じになります。



とまぁ、、こんな感じで寝てくれると良いのですが、こんなキレイに収まらない時もあります。

完璧とは言えないが、有った方が断然に良い!!といった感じです。


そして初めての家族3人で都内をポタリング。

カミさんのブルーの自転車(FAIRWEATHER CX)も久しぶりに登場です!!



ダートを走る用にカスタムしていますが、フラットバーとフロントのカゴは街乗りにも最適です。

カミさんが乗るのは実に2年ぶり!!この日が来るまで床の間に飾られていただけなので、久しぶりの活躍に感慨無量です。

向かった先は目白にある切手博物館!!



博物館自体は小ぢんまりとしていますが、切手の細かな絵柄はまさに小宇宙です。

中にはカーリングのストーンだけの絵柄!とか、山の切手なのに街の絵が大胆に盛り込んである絵柄とか、、、ツッコミどころもあって面白いです。

子供と行くにはちょうどいい場所でした。


その後は池袋をブラブラ!!

お昼を食べて、

子供を公園に遊ばせ、

買い物をして帰ってきました。

この機動力が自転車のいい所です!!


家族3人で自転車でお出かけできて、とても楽しかったです!!

やっぱり自転車ってイイな!!と改めて思いました。


2020年1月5日日曜日

正月に富士!!2020!!

明けましておめでとうございます。

新年初のバイク・ライドを行ってきました。



去年はトラックアーカイブ号の初サイクリングお正月に行いました。

それからどこをカスタムするか悩みに悩んだ1年でした。

ホールを交換したのは以前にも書きましたが、あとは、より剛性の高いダイレクトマウントのクランクを使ってみたいと思っていました。

その中で、お値段的にもルックス的にも一番イケてるのがスラムのオムニウム!!



がが、、このオムニウム・クランク、一番イケてるだけあって使用率も高い!!

しかもマビック・エリプスのホイールとオムニウムのクランクの組み合わせは、間違いの無い鉄板な組み合わせで、もう定番!!

さらにトラックアーカイブにエリプスとオムニウムという組み合わせも多くて、、、、それはそれでナンカ味気ない。


あとはスギノとミケですが、スギノのダイレクトマウントはちょっと値段が高いのでミケか!!



と、色々考えたですが、、、考えた挙句、ホイールもクランクも交換したら完成車で買った意味無いのでは??と思うようになり、完成車でスギノを付けたというメーカーの意気込みを買い、そのまま使うことにしました。



しかし、完成車のチェーンリングはよくよく見るとちょっと安っぽくて(全体的なルックスで見るとカッコイイのですが、、)、せっかくなのでチェーンリングもスギノにして揃えました。やっぱり固定ギアには厚歯が似合います。

あとは、タイヤですね、、、これも悩みました。

取り敢えず余っていた23Cのタイヤを取り付けていたのですが、しなやかなタイヤにするべきか、それともスキッドを見越して丈夫なタイヤにすべきか、、、。

で、やっぱり固定ギアなので丈夫なタイヤを使ってみよう!!となり、コンチネンタルのゲータースキンになりました!!

まぁそんな事を考えていた1年でした。



ようやく本題ですが、新たにカスタムしたフジのトラックアーカイブで、やっぱり富士を見に行こう!!となりました!!

でも江ノ島まで走るのはなんだか面倒だったので、横浜で富士山の見える岡村公園に行ってきました。

走り始めた時は晴天だったのですが、途中から雲が厚くなってきた、、、ちょっと嫌な予感!!!

横浜の中心街を抜けて住宅街の方へ

思いがけない結構な急坂を登ると、、、富士山ビューポイントに到着!!!




そして富士山は、、、、




見事に雲の中です。

富士山あるあるですね。

近くには岡村天満宮があるので、せっかくだからお参りに。



地元の住民に愛されている街の中の神社で、ヨソから来た自分として「なぜこの神社に??」みたいな空気感を感じました。

そして、ミュージシャンの「ゆず」の絵がデデーンと飾られていました。



ネットで調べたら、岡村町は「ゆず」の故郷だそうです!!

「ゆず」はあんまり知りませんが、「ゆず」のファンに出会ったら絶対自慢してやろうと思いました。


富士山も見えなかったし、公園もどこにでもある普通の公園なので、こんなところまで頑張って自転車を走らせて、一体なんの意味があるのか、、、と、一瞬自分を見失いそうになりましたが、

「そうだ!!新たにカスタムしたトラックアーカイブ号の試走が本来の目的だったんだ!!だから富士山は見えなくてイイんだ!!!」という目的を思い出して、自分を納得する事ができました。



新年初のバイク・ライドも無事終了!!

本年もよろしくお願いします!!




2019年12月30日月曜日

8年目の新たな使命

我が家の最も古い自転車、ジャイアント号





なんて言ったて、このブログは友達から譲り受けたジャイアント号を再生する所からスタートしました。それがもう8年前です。

結婚してからはカミさんの自転車になりました。



その間、ちょこちょこマイナーチェンジしたものの、ほぼそのまま乗っています。

モデル的には多分10年以上前のものだと思います。


そんなジャイアント号ですが、今年の終わりに重大な使命を与えました。

それは子供を乗せて走るという、俗に言う「ママチャリ」です。



でも私(パパ)も乗るので、家族全員が乗れるという意味で「ファミリーチャリ」と命名します。


変更した点は何と言ってもチャイルドシートです。

子供はまだ生後10ヶ月なので、今回はフロントに付けました。

そして、リアラックも付けました。ちなみにカゴは今までフロントに付いていたカゴです。

子供がいると何かと荷物が増えますし、今後リアラックにチャイルドシートを取り付ける可能性もあるからです。

リアラックは丈夫なサーリーのナイスラックです。

全てブルーラグという自転車屋さんで取り付けてもらいました。


正直、ジャイアント号を譲り受けた時は、友達が「もう要らない」と言ったので「だったら貰うよ!!」という実に軽いノリでした。

それが8年経ってこんな使われ方をするなんて夢にも思っていませんでした。



とは言っても、そもそもママチャリ用の自転車ではないので、それなりに不都合もありますが、結論から言うと「思った以上に快適」です。

まず不都合な部分はとにかく乗りにくい!!

前にはチャイルドシート、後ろにはカゴがあるので、大股で跨がないと乗れません。

そしていざ自転車を漕ぐと、前にチャイルドシートがあるのでガニ股のような格好で漕がないと、足がチャイルドシートに当たってしまいます。

あと、ジャイアント号はシングルギア化しているのですが、前にチャイルドシートがあるので立ち漕ぎする事ができず、今までのギア比(確か2.3くらい)だと坂がかなり辛い事が判明。なので余っていたスプロケットを取り付け、ギア比を2にしました。スプロケットを取り付けので見た目はギアードっぽいですが、相変わらず変速は出来ません。




という訳で、子供を乗せて東京の街をポタリング。



子供は度胸が座っているのか、それともただの鈍感なのか、首をコックリコックリしだしましたが、、さすがにベビーカーほどリラックスできないので、眠ってもすぐに起きました。

そして坂は思った以上にの登る事ができました。

さすがに激坂は厳しいと思いますが、東京の道だったら激坂は迂回する事ができるので、そんなに問題無いかなと思います。

あと、結構良かったのが太いタイヤとフロントサスペンションです。

もう古い自転車なのでフロントサスペンションなんて正直機能しているのかどうか分かりませんでしたが、子供を乗せて走ると意外とコレが機能していて、また太いタイヤとの相性もあって、ちょっとした段差や公園のダートでもなんの不安なく走れるので、実に快適でした。

サドルはカミさんが乗るのと、チャイルドシートが足に当たるのと、緊急時にはすぐに足を付けたい事もあって、かなり下げています。

今までの自転車の乗り方からするとかなり窮屈ですが、この自転車で走る距離はせいぜい10km圏内かなと思うと、思ったよりはキツくありませんでした。

という訳で、この自転車で50km、100kmなんて走ることはまず無いので、限定された場所を走るには十分に走りやすかったです。

この自転車のおかげで子供と一緒に行動できる範囲が格段に広がったし、自転車に乗れる事の自由感を改めて感じる事が出来たので、これは何にも変える事が出来ない喜びです。

そして、今年の旅も無事終了!!

また来年!!






2019年12月21日土曜日

何を描いてるの? その37

そして最近描いた絵をチェック・ワン・ツー!!
今回から黒と赤を使って描いてみました。


●異形展に出品した平面図的異形(モンスター)の絵です。



モンスターを絵描くにあたって、ロックバンド「R.E.M」の「Can't Get There From Here」という曲の歌詞の一部に、

「もし世界が君を丸ごと飲み込んでしまうモンスターなら、、」

というフレーズがとても印象に残っていて、、、

確かに都市の大渋滞、時間に追われる生活、知らない場所で起こっている戦争。毎日悲惨な出来事を伝えるニュースなどなど、個人的な事から世界規模の事まで、あらゆる事が目まぐるしく動くこの世界はまさにモンスターのようだなと、、、

そして自分もこの世界というモンスターに飲み込まれて、世界の一部として駆動しているだけなのでは??と、漠然とした不安に襲われる事があります。

関係ありませんが、「R.E.M」にはモンスターという名のアルバムあり、こちらも大好きです。


●グニョグニョした絵



特に何かを思って描いた訳ではないのですが、なんとなく「Tim Rollins and K.O.S.」の絵が印象に残っていました。



この「Tim Rollins and K.O.S.」は、絵だけみるとこんな絵ですが、教育と芸術がテーマになっていて、ニューヨーク、ブロンクスの子供達と小説を読み解きながら自分たちの現状について考え、それを表現するというワークショップを行っています。

なので、非常に社会的な要素がこの絵の背景にあるのですが、まぁなんかこのグニョグニョしたラッパのようなモチーフが単純に面白いなと思いました。


●人間が6人いる絵



人間を大小同じように繰り返し描くというアイディアが浮かび、それなら模様の中からフワリと出てくるような感じで描きたいなと思って描きました。

ほんと、ただ頭に浮かんだ事を絵にした絵です、、、。

これこそ僕らの生きる道、良い夢を、、、



2019年12月8日日曜日

30代になっても聞きたい!ニルバーナ

以前このブログで紹介したバンド、

「オアシス」

「ザ・ヴァーブ」

「ジミ・ヘンドリックス」

と、最近10代の頃に夢中で聞いていた音楽を改めて聞いています。

そして、10代といえばやっぱりこのバンド!!「ニルバーナ」

正直に書くと、多感な10代だからこそニルバーナの起伏の激しいリズムと、カート・コバーンの伝説的な人物像がピッタりとハマる訳で、、、ゆるゆる天下りな30代の自分が今聞くと、なんか青臭い感じがするんじゃないかなと思っていたのですが、いざ聞いてみると、、、

「やっぱりカッコイイじゃん」

となって、しかもよくよく調べてみると、ギターがカート・コバーン、詩の朗読がウィリアム・バロウズ!!というコラボレーション作品なんかもある事を知って発狂しそうになりました。

●William S. Burroughs, Kurt Cobain / The Priest They Called Him



クリスマス・イブの不気味な出来事について語っています。

マニアックな内容ですが、好きな人にしてみればこれだけで十分に発狂できます。

あと、カート・コバーンが影響を受けたというバンド「メルヴィンズ」も最近知りました、、、改めて知らない事が沢山あるなと思う今日この頃です。



●NIRVANA / BLEACH



実はファースト・アルバムの「ブリーチ」を最近になって買いました。

話は逸れますが、10代の頃はお金がなくて、、しかもいろいろなバンドの音楽を聞いてみたい年頃だったので、代表的なアルバムだけを買って聴いていました。

でも最近は新しいバンドや音楽を知りたいというよりも、今知っているバンドや音楽をより知りたいなと思うようになりました。

やっぱり本とかでも作家の代表作を一冊だけ読んでも分からないじゃないですか、、、。

ちょっと愚痴になりますが、「一冊の本を何回も読んで熟読しないと読んだことにならい」と偉そうに言う人は、個人的にはあまり信用できないなと思います。

一冊の本を熟読するよりも、その作家の本を数冊、あるいは全部読んだ方が文脈とか時代背景とか考え方が分かるので、結果的に一冊の本を理解する手助けになるように思います。だからそんな事を言われると「本当にこの人は本を好きで読んでいるのかな??」と思ってしまう訳です。しかもそれが社長なんて立場の人の発言だと「この人はただ偉そうにしたいだけなのでは??」と思ってしまう訳です。

音楽もやっぱり代表的なアルバムを聞くだけじゃ詰まらないなと思って、最近は気になるアーティストのアルバムをできるだけまとめて買って聞くようにしています。

そんな経緯があり、ニルバーナのブリーチもこの年になってようやく買った訳です。

しかし、今聞くと「ブリーチ」とか「インセスティサイド」のような、ヘヴィ・ロック寄りの音の方がなんか今の自分の気分にはハマります。なんでかな???


●NIRVANA / NEVERMIND



言わずと知れた名盤のセカンド・アルバム。このアルバム、友達に貸したまま帰ってこなかったので今回改めて買いました。今聞くと、キャッチーというかポップな感じがします。初めてニルバーナを聞くならやっぱりこのアルバムをオススメしたいです。赤ちゃんがお金を取ろうとするジャケットのデザインも秀逸です。


●NIRVANA / INCESTICIDE



これはシングル、B面曲、未発表曲やカバー曲を集めたコンピレーション・アルバムですが、個人的にはこのアルバムが一番面白いなと思います。
特にヴァセリンズのカバー曲はめちゃくちゃカッコ良くて、このカバー曲で初めてヴァセリンズを知りました(多分このアルバムでマイナーだったヴァセリンズは一気に有名になったんだと思います)ディーヴォのカバーというのも面白くて、やっぱりセンスを感じます。

あと、このジャケットの絵は誰が描いたんだろう??と思っていたのですが、実はカート・コバーンが描いたという事を知った時はやっぱりビックリしました。

なんかタダなる妖気というか、、、実に不気味な絵でいいなと思っていました。


●NIRVANA / IN UTERO



これは、けっこうぶっ壊れているというか、タダなる妖気を全開に放ったような、ニルバーナの最後のアルバムです。

初めて「レイプ・ミー」を聞いた時は「こんな事を詩にしていいんだ!!」と、ぶっ飛びました!!!

10代の頃は「ネバーマインド」と「イン・ユーテロ」にとにかく夢中でした。

でもこのアルバムを友達に貸した所、自分よりも夢中になってしまい、それ以降なんかカルト的な事を言い始めたので自分が逆に引いてしまい、、、それ以来ちょっとご無沙汰になってしまった、そんなほろ苦いアルバムです。


30代になってもニルバーナを素直にカッコイイと思える自分になんか安堵しました。