2019年9月21日土曜日

何を描いてるの? その35

以前にも書きましたが、子供がいるとなかな絵を描くのが難しいです。

子供は最近はずり這い、お座りが出来るようになりました。

ずり這いが出来るようになると、いろいろな物に関心を持つようになり、パソコンなんて使おうものなら、スタスタ近寄ってきて、キーボードをガンガン叩きまくります!!(このブログを書くのですら一苦労です)しかも少し離れるとミャー〜ー!!と泣きながら鼻水ダラダラ出して顔一面鼻水だらけになってしまいます。

あと、だいぶ前に一眼レフカメラを買った事を書きましたが、子供がいると写真を撮るのが面白くなります。

非常に奥行きのある綺麗な写真が撮れるし、いろいろ設定を変えて撮るのもの面白いです。あと、子供って瞬間瞬間で表情が変わるので、連続して撮影しても1枚1枚表情が違っていたりします。それに成長の記録にもなるので、コレからもカメラをいじっていきたいなと思っています。


さてさて、話をお戻しますが、だいぶ前に描いた絵ですが紹介します。

●イロイロゴチャゴチャな絵 その1




●イロイロゴチャゴチャな絵 その2



だいぶ前に描いたので何を思って描いたか、、、正直忘れてしまいましが、多分Nurse With Wound のアートワークみたいに、色々な絵柄を組み合わせて奇怪なイメージを構築するというのが面白いなと思って、そんなイメージで描いたように思います。







という訳で、なかなかこんな色付きの絵を描くのが最近難しいので、しばらくドローイングみたいなのをちょこちょこ描いてブログにアップしていこうかなと思っています!!あと、そろそろ続・平面紙も作りたいです。

これこそ僕らの生きる道、良い夢を、、、。





2019年9月16日月曜日

ボリューム・アップ!!テンションもアップ!!

武蔵五日市駅周辺の林道を散策してきました。

拝島駅から出発。



前回中津川林道に行った時、実はタイヤが貫通パンクしてしまい、そもそもけっこうボロボロだったので新調しました!!



同じパナレーサーのグラベル・キングですが、前回の太さ35cから、今回は一気に43cにボリューム・アップ!!テンションもアップ!!なぜクリーム色にしたかって?ただの気まぐれさ!!

ちなみにこの自転車(MASI SPECIALE CXSS)はネットで調べた所、45cくらいまでは入るみたいです。

早速走ってみます!!

まずは以前から少し気になっていた秋川サイクリングロードを走ります。



サイクリングロードとは俗称で、かなり細い歩道です!!正直走っていて気持ちいい道ではありませんが、ちょっと冒険感があります。

しばらく走ると東京サマーランドが見えてきます。



地図上では知っていましが、見たのは初めてです、、、。

その後川沿いに走るものの、途中から道もなくなり一般道を走りました。

武蔵五日市駅に到着後、林道横沢小机線へ向かいます。



そんなに長くない林道で、調子よく走っていましたが、途中からなかなかの勾配とゴロゴロしたガレ感。そんな時は必殺ギア比!1.0!!(つまり自転車を押して歩きました)

そして太くなったタイヤはかなり調子いいです!!やっぱり太いだけあって安定感があります。

そんなこんなでピークに到着。



ここで昼飯を食べる予定でしたが、かなり鬱蒼としていて蚊も多そうだったので早々に降ります。

降るといきなり田んぼが現れ、観光客が!!今までの鬱蒼感からするとワープしたような錯覚があり、狐に摘まれたような気分でした。

さてさて、今回はストーブを持ってきていたので、お店で食べるのもなんだか癪だなと思い、次なる林道、星竹林道へ。

ここで気がついたのですが、舗装されている登りだと太いタイヤは以前より抵抗感のあるような感覚がありました。

まぁ気のせいかもしれませんが、舗装された登りはトモニー号が補えばいいので、このマジィ号は砂利道を楽しく走る!!という意味では太い方がいいかなと思いました。

でも正直に言うと、今まで走ってきた中で、ほぼ8割くらいは舗装道路です。

グラベルロードのようなオールラウンドバイクなら31cから35Cくらいがスィートスポットなのかなぁなんて、グラベルロードを買う予定も無いのに思いました。関係ないけどロードバイクに31cのスリックタイヤを履かせて走ったら気持ち良さそうだなと妄想しています。コレまた買う予定はありませんが、、。

さて砂利道をトコトコと登ります。やっぱり砂利道は太い方がいいです。



ようやくピークに到着。前回の中津川林道に比べれば距離も短いし気楽に登れます。



ここで昼食。

カップラーメンを食べ、コーヒーを飲み、少しぼんやりして、久しぶりにのんびり過ごしました。



雰囲気はそんなに良くありませんが、静かで気兼ねなく過ごすことがでます。

さて、降ります!!

以前来た時はここも砂利道でしたが、いつの間にか舗装されていました。ちょっと衝撃!!



最近グラベル系の自転車が流行っているのにグラベルがどんどん消えていくという事実!!

でも、中津川林道を通って思ったけど、砂利道はすぐ崩れるし、復旧するのに3年もかかるなら、そりゃ舗装化するよな、、と思いました。

また武蔵五日市の駅に戻り、帰路につきます。

途中お祭りが開催されていました。



なんかほっこりしますね。

太いタイヤはやっぱり調子いい!!という事で今回の旅も無事終了。

余談になりますが、太いタイヤはスキッドしにくいかもしれません。なので、なぜトラックロクロスの自転車に長いフラットバー・ハンドルを使用するか?その理由がようやく分かりました!それはスキッドをしやすくする為だったんですね!!

私は固定ギアのブレーキ問題が起こった以降から固定ギアに乗り始めたので、ブレーキにどうしても頼ってしまいます。

だってブレーキの方が断然に効くし、タイヤもすり減らないので経済的だし、あと、峠の降りでスキッドなんて狂気の沙汰です。でもサウンフランスシスコのピストクルーMASHは、ノーブレーキで峠を下っています!!驚愕。










2019年9月13日金曜日

サイコホラー!!サイコー!!

最近、子供のお守りをしながらサイコホラー映画にハマっています!!!

きっかけになったのはブライアン・デ・パルマ監督の「殺しのドレス」と「ボディ・ダブル」です。





2つともミステリーとエロチックとバイオレンスがたっぷり味わえる大人向けの作品なので、子供のお守りをしながら見るような映画ではないのですが、、、最後まで緊張感を持ってドキドキしながら楽しめる素晴らしい作品でした。

内容は割愛しますが、非常に見所が多いというか、1つ1つのシーンがとても印象に残ります。

どちらも人を追いかけるシーンがありますが、それがすごくドキドキするんです。特に「殺しのドレス」の美術館のシーンは、少しづつモラルが剥ぎ取られていくようなドキドキ感!!そして最後にタクシーの中でアララ、、!いやでもコレほんと緊張感がとても伝わってきて、非常によくできた映画だなと思いました。

「ボディ・ダブル」はお隣の奥さんを覗き見みした挙句、尾行までして、さらにゴミ箱から奥さんのパンティを拾ってしまうという!!衝撃的なシーンに度肝を抜かれました。人間の欲望をコレでもか!!ってくらい刺激してくれるのがたまらないです。

あと、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドの『リラックス』という曲と共に流れる劇中劇がありますが、コレがまたとってもカッコよくて惚れ惚れしてしまいました。

・Relax (from Body Double)
https://youtu.be/x_MFCbbTAJA

そして電動ドリルやらカミソリやらで滅多刺しにされるのですが、最後には「そいう事か!!!」と腑に落ちるオチもいいです!!


続いて見たのがメアリー・ハロン監督の「アメリカン・サイコ」



この作品は「殺しのドレス」と「ボディ・ダブル」とはうって変わり、エンターテインメントというよりはアートに近い印象があり、万人に受けるような作品とは言い難いですが、よくよく考えると非常に不気味というか、そいうホラーなのかと気づかされます。

主人公は金持ちで、清潔感があって、イケメンで、社会のエリートという、一見人から羨ましがられるような人物なんですが、実はサイコパスで殺人鬼だった!!というのが話の筋なんですが、最後になるとその筋がいきなりズレ始めるんです。

自分達にとって見たく無いもの、都合の悪いものに、いかに目を逸らすかという周りの無関心さ。さらに自分以外の人間はわりかしどうでもいいという感覚。コレを際どく描いたような作品で、見た後なんか居心地が悪くなります。

・映画「アメリカン・サイコ」日本版劇場予告
https://youtu.be/tweozK9EW6E


そして今の所最後に見たのが、ポール・バーホーベン監督の「氷の微笑」



コレは足を組み直すシーンがとても有名ですが、殺人容疑者の女性に警察官の男性が徹底的に振り回されるという容赦のない映画。
女性がエロスと恐怖で仕掛けてきたら、男はまな板の鯉ですね。アイスピックで裁かれるのを待つだけす。

ポール・バーホーベン監督の作品は女性の描き方が非常に鋭いです。「エル(ELLE)」にしても「ブラック・ブック」にしても「ショーガール」にしても、男性の「愛」なんていう幻覚のようなものは全く信じていなくて、いかに自分の武器を使ってサバイブしてくか!!生きてく為には股だって開きます!!という力強さに男性の方がうろたえてしまう始末。でもこのくらい覚悟がないと生きていけないんだなと思いました。


他にもヒッチコック監督の「サイコ」を改めて見たいなと思いますが、ホラーとエロ!!やっぱりこの2つが人間の頭を埋め尽くしているんだなと、、、つくづく思いました。



2019年8月25日日曜日

作り込みすぎてない心地よさ、ポチョムキン

フランスのプログレッシヴ・ジャズ・ロック・グループ「POTEMKINE(ポチョムキン)」をゆる〜く聞いています。


●Potemkine / Foetus



今のところこのファースト・アルバムしか持っていませんが、まず、このジャケットのデザイン!陸とも空とも海と思えない黄緑色の世界の中に、ポツンと漂う亡霊のような戦艦ポチョムキン!!コレが初めて見た時すごく印象に残りました。

そして聞いてみるとジャケットのデザインとは裏腹に、印象に残るような派手な音楽ではなく、なんとなく聞き流してしまうような、、、ひたすらシンプルというかサッパリした音楽で、もちろん悪い印象はなかったのですが「まぁこんなもんか〜」みたいな薄い印象でした。

でもジャケット・デザインが気になって何回か聞いているうちに、この軽さというか、作り込みすぎてない心地よさ、、、実験的すぎず、でもポップすぎず、凝りに凝った音でもないけど、ローファイでもない、なんとも言えないニュートラルな魅力にいつの間にかハマってしまいました。

・Potemkine - Foetus (Full Album)
https://youtu.be/jUJeuOBzj64

あと、このゆる〜く始まるリズムが、コレまた早すぎず、遅すぎず、暑い夏にダラダラ聞くにはとても心地いいリズムで、何度も繰り返し聞いているとクセになってきます。聞けば聞くほどハマっていく非常に味わい深い作品です。こいうの、ありそうだけどなかな無い気がします。

他にも3枚くらいアルバムがあるみたいで気になります。



2019年8月19日月曜日

Bike & Run

バイク・アンド・ランしました。

と言っても、大きな公園まで自転車で行き、そこでランニングしただけですが、、、。



真夏でも午前中はわりかし涼しいので、走っていてなかなか気持ち良かったです。



なぜランニングを始めたかと言うと、それは単純に自転車に乗れない日々が続いているからです。

改めて思うと、自転車に乗ることで結構ストレス解消になっていたんだなと気づきました。

自転車に乗れないとストレスも溜まるし、自転車に乗れないというフラストレーションも溜まります。

まだまだ小さい子供の面倒も見なきゃならないし、時間が作れても天候が悪かったりすると乗れないし、、、でも、それに不満を募らせてもしょうがないので、どう折り合いをつけていくか??考えた末に、短時間でも程よく体を動かせるランニングに行きついたのです。







普段は夕方に近くの公園を4kmほど走っています。

ランニングをしていると、自転車で峠を登っているような錯覚が起こります。

ペース配分を考え、息があまり上がりすぎないよう自分をコントロールしていきます。

スター・トレックのミスター・スポックを思い浮かべて、「コントロール、コントロール」と頭の中で言い聞かせています。

思えば小学生の時、体育の中でも比較的ランニングは得意な方でした(決して速くはありませんでしたが)。

それはマイペースで走る事が出来たからです。

100m競争とかバスケットボールとかは、争わなけばならないので、そうすると能力の低い自分にはとても窮屈でした。

しかし、ランニングはマイペースに走ればいいし、大抵マイペースに走れば短距離走が得意な友達を出し抜くことができたので、ちょっと気分も良かったのかもしれません。

あと、ランニングって自分との戦いじゃないですか。嫌でも自分と向き合わなければならない。固定ギアで峠を登るのも自分と向き向き合わなければならない。やっぱり自分と向き合う時間を無意識のうちに求めていたんじゃないかなと、、今改めて思ったりもします。


話を戻しますが、やっぱり体を動かすって気持ちいい事なんだなと思いました!!そしてビールが美味しく飲める!!これに尽きますね。おいしお酒の為に!!俺はこれからも走り続ける!!


2019年8月11日日曜日

悪魔の階まで一直線!!13th Floor Elevators

サイケデリック・ロックの最高峰!!13th Floor Elevators(13th フロア・エレヴェイターズ)を最近よく聞いています。

●13th Floor Elevators / The Psychedelic Sounds of the 13th Floor Elevators



もうジャケットのデザインがモロにサイケデリックで、音楽も確かにサイケデリックな感じがしますが、よくよく聴くと、エレクトリック・ジャグと呼ばれる「プクプクトゥクトゥク」となり響く音以外は結構普通のロックっぽい!!!

・he 13th Floor Elevators / Tou're Gonna Miss Me (1966)
https://youtu.be/gHK9vj0VE7w

でもこのバンドは自分の好きなバンド「R.E.M」もすごく影響を受けていて、確かにコレを聴くと「R.E.M」の初期がサイケデリックっぽいと言われているのか理解できます。

あと、見逃せないのがバンドの名前!!13th フロア・エレヴェイターズ!!!この「13」というのはキリスト教的には悪魔の数字という事で、嫌われる事が多いのですが、悪魔の階までエレベーターで一直線!!ドラック!サイケデリック!ダンスダンス!!ノリノリで快楽的なものならオールOK!!みたいな意味が込められているのかなと思うと「いいね!!」を付けたくなります。

個人的にはキリスト教は全く信じていないのですが、快楽的なものとか自分が幸福を感じれるものを追求する事は基本的には良い事だと思っているので、(だからバカみたいにCDとかレコードとかDVDとか買っているんです)それをキリスト教的に考えると、やっぱり悪魔になってしまうのかなと思います。


なんか話が逸れてしまいましたが、13th フロア・エレヴェイターズ!!結構かっこいいなと思って、他にもアルバムを買おうかなと思ったのですが、CDショップでライブ音源を買いました。

●13th Floor Elevators / Live Evolution Lost



コレがまたアジがあって超かっこいいです!!ライブ音源とは思えないほど音質もいいです。

しかもマスタリングがスペースメン3のソニック・ブーム先生!!この人も影響を受けていたのか!!

サイケデリックなアルバムで有名なビートルズの「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」とか、ローリング・ストーンズの「サタニック・マジェスティーズ」もありますが(もちろんコレらのアルバムも聴きどころはいっぱいありますが)13th フロア・エレヴェイターズはそこまで作り込みすぎない「緩さ」が最高に心地いいです。

他にもアルバムをゲットしていきたいなと思いました。

2019年8月4日日曜日

やっぱり上手いものは上手い!!

久しぶりにシンディ・ローパーを聞きました。

●cyndi lauper ‎/ twelve deadly cyns



1994年に発売されたこのベスト盤しか持っていないんですが、久しぶりに聴くとやっぱりいいですね!!

とにかく歌が上手い!!!

このハスキーボイス!!なんでこんなにカッコイイんですかね??

かなわないものがあります。

自分はパンクとかニューウェーブとかオルタナティブ・ロックとかを信じて来た人なので、上手いだけじゃない何か?を発見したい気持ちが強いんですけど、やっぱり上手いものは上手い!!有無を言わせぬ説得力があります。

有名な曲ですが4曲目の タイム・アフター・タイムと8曲目のトゥルー・カラーズは雰囲気があってイイですね。なんかこの2曲は「秋」を感じるんですよね。しっとりした、ちょっと物悲しい感じがたまりません。それと、9曲目のホワッツ・ゴーイン・オンも歌にハリがあって、伸びるところは伸びて、、聞いていて気持ちいですね!!カッコイイ!!

・Cyndi Lauper - What's Going On
https://youtu.be/BdXklYUJCxI



あと、上手いといえば、やっぱりパット・メセニー・グループですね!!

●Pat Metheny Gorup ‎/ Road to You



・Pat Metheny Gorup - Road to You
https://youtu.be/LWy4Re34XkY

動画とか見るとパット・メセニーのギターの指の動きとかわけわかんないですね、、、。

バンドの全体のまとまりがすごくいいですね。なんかみんなで共鳴して音楽を奏でてる感じがしますね。ボーカルも1つの楽器みたいでスゴイ。ニューオーダーと全然違うわ、、、。

音がオシャレというか、心地よいんだけど、それでいながらさりげなく複雑なことをやっているような感じがして、とても深みというか味わいがあり、聞いていて迫力がありますね。

パット・メセニーはこのライブ・アルバムしか持っていないんですが、この1枚でもその実力がとても良く分かります。



やっぱり上手い音楽を聴くと、ヘンテコな音楽がいかにヘンテコか!!改めて分かりますね、、、、。

そういう意味でも、やっぱり上手い音楽も聴いていきたいなと思いました。