2018年7月22日日曜日

ハードディスクの片隅で、、。

前回で久しぶりに一眼レフカメラを買った事を書きましたが、以前どんな写真を撮ってたかな、、と思って、探してみました。

前にも書きましたが、この時はフィルムを使っていたので、それをスキャニングしてデータ化されている写真はほんのわずかですが、なんとハードディスクの片隅で発見しました。





















今見ると「若いなぁ」なんて思ってしまいます。

この時は、ウイリアム・エグルストン、佐内正史、川内倫子、ホンマタカシとかが好きだったんです。

あと、ロバート・メイプルソープ、ベルント&ヒラ・ベッヒャー、ダイアン・アーバスなんかも好きです。

でもこの色の感じとか強いコントラストとか、いかにも平面図っぽいなと思って、この時の感覚を思い出しながら、もっと気楽に写真を撮ってみたいなと思いました。








2018年7月16日月曜日

自転車でカメラ持って行こう

一眼レフカメラを買いました!!

キャノンの「EOS Kiss X7」というモデル!!

実はだいぶ前にキャノンのEOS Kissの一眼レフカメラ持っていて(しかもフィルムだった!!)けっこう使っていたんですが、ボディが壊れてしまい、それ以降は去年壊れてしまったルミックス(DMC−LX2)のコンパクトカメラをずっと使っていました。

今はiPod touchをカメラ代わりに使っていて、これはこれでコンパクトで便利です。

しかし「写真を撮りに行く目的で自転車に乗るのも楽しいのでは??」と思って、今回新たに一眼レフカメラを買ったのです。

ちなみにレンズは以前使っていたものを使えるかどうかお店の人に聞いたら、「ちょっとカビてるね、、、使えなくはないけど、あまり長くは持たないよ、、、」との事でした。レンズってカビるんですね、、、。

とりあえず中古でボディを買って、レンズは今のを使いつつ必要に応じて買っていこうという戦略。


という訳で早速自転車に乗って写真を撮りに行きました。

向かった先は犬切峠、人が少なそうなので撮影するにはいいかな?なんて安易に思ったのですが、やっぱり遠すぎました、、、。





とても晴れていますが、とにかく暑い!!30度以上!!



奥に行くにつれて山が迫ってくる感じがあります。



丹波村で休憩していると入道雲が発生!!夏ですね、、、。

林道一ノ瀬線へ、ここまでくるとクーラーをつけたかのように涼しくなります。





山深いですね。





キャンプ場あたりまで来た時に雷がゴロゴロ鳴り出しました。時間的にもかなりいい時間だったので引き返す事に。結局犬切峠を越える事は出来ませんでした。

記念にキャンプ場で写真を撮ったのですが、あいにく手ぶれしてしまいました。



来た道を戻りますが、ここで大雨に降られてしまいました。

しかし、この大雨が気持ちいいと思えるくらいこの日は暑かった!!

丹波山村を超えたありであたりで雨は止み、そのまま一気にダウンヒル。



奥多摩湖に着いたら、ほとんど服が乾いていました。やっぱり暑い。


一眼レフですが、デジカメだと撮ったその場で写真の確認ができるのがいいですね。色々設定をいじって撮影すると「こう変化するのか!!」というのが分かりやすいです。フィルムだと現像するまでどんな写真になっているのか分からないので本当にドキドキしました。

せっかくカメラ買ったんで、ビシバシ使っていこう!!という事で今回の旅も無事終了。



2018年7月7日土曜日

ディスク・メディアも一期一会 その45

パブリック・イメージ・リミテッドのライブに行ってきました。



パブリック・イメージ・リミテッド(PiL)は、セックス・ピストルズのボーカル、ジョン・ライドン(ジョニー・ロットン)がピストルズの後に結成したバンド。エッジの効いたピストルズとは打って変わってPiLはドライです。

パンク(ピストルズ)のパブリックなイメージで聞いたら「ザマァみろ!」という皮肉でパブリック・イメージ・リミテッドってバンド名になったのか??定かではありませんが、そのくらいピストルズとは違う方向性の音楽です。

個人的には激しい感じのパンクより、こういうドライな感じのパンクの方がハマって、特にハマったのがジョイ・ディヴィジョンで、その延長でパブリック・イメージ・リミテッドも聞いていました。その時聞いていたのは「メタル・ボックス」!!

●PiL / Metal Box(Second Edition)



反復するドラムとうねるようなギターは、とてもドライでクールですが何度聞いてもカッコイイです。

3曲目の白鳥の湖はバレエの美しさが微塵もありません。これはライブでもやってくれました!!

https://youtu.be/6GwrRGxYmY8

個人的に好きな曲はPoptones!!このウネウネ感は何度聞いても気持ちイイです。

https://youtu.be/IQtO6R4qkg0

不覚にも今まで「メタル・ボックス」しか聞いた事なかったので、急遽他のアルバムを購入!!

●PiL / Album



このタイトルがイイですね!!「アルバム」って、まんまじゃないか!!
ちなみに私が持っているディスクガイドには「コンパクトディスク」という名前で掲載されていました。時期によってタイトルが微妙に違うみたいです。

●PiL / Happy?



この「アルバム」と「ハッピー?」の2枚はロック寄りといえばイイのか?かなり聴きやすいアルバムで、今回買った中で一番聞いていたのはこの2枚です。

シアトルという曲はとてもポップで印象に残ります。

https://youtu.be/nloOmPjPjB0

通勤とかジメジメした雨の日とかにテンション上げるには2枚ともいいアルバムです。


●PiL / Public Image (First Issue)



ファーストアルバムです。週刊誌風のデザインでパブリック・イメージというのは示唆的ですね。PiLはどのアルバムもタイトルやデザインにどことなく皮肉やユーモアを感じます。

ピストルズのような曲を期待してコレを聞いた人達はさぞかしガッカリしたんじゃないかと思いますが、今聞いてみると、なんかバランスの良い感じがします。「ハッピー?」とか「アルバム」のようなロックっぽくもあるし、「メタル・ボックス」のようなウネウネした感じもあって、PiLの方向を予言しているような雰囲気があります。


●PiL / The Flowers Of Romance



「フラワーズ・オブ・ロマンス」は、ドラムがとにかく印象的で、ちょっと呪術的な雰囲気もあり、かなり変わったアルバムで面白いです。

https://youtu.be/OLMlHe2CslY

ファンの中でも「メタルボックス」「フラワーズ・オブ・ロマンス」が好きな人と、「アルバム」「ハッピー?」が好きな人でかなり意見が分かれるみたいです。

個人的にはどのアルバムも面白くて好きですが、「アルバム」「ハッピー?」の方がよく聞いています。


●PiL / This Is PiL




●PiL / What The World Needs Now...



そして比較的最近のアルバム!!これがまた想像以上にパンチが効いていてカッコイイ!!

トイレが壊れた!!から始まる「ダブル・トラブル」イイですね!!

https://youtu.be/99BQNRU8BMI

若い頃に比べて、かなりいい感じの体型になってますね!!そいうところもイイ!!

時期によって違う方向性の音楽を作ってくれるバンドは面白いですね。
失敗作があったとしても、いろいろな方向性の音楽を作ってくれるバンドの方が個人的には好きです。


アルバムの紹介だけで終わってしまいましたが、ライブで思った事は、うねるようなギターと反復するドラムに、ほぼ叫んでいるようにしか思えないボーカルは、聞けば聞くほど癖になっていく感じがします。

そしてジョン・ライドンはお茶目なオッさんという印象がありました。