2018年11月5日月曜日

固定ギアの衝動

気がつけばマジィ号も購入してから1年くらい経ちました。



中古という事でキズやら汚れのおかげで1年以上の貫禄を放っております。
今や珍しくなってきたトラックエンドのシクロクロス車!固定ギアとフリーギアを搭載していますが、ほとんど固定ギアで乗っています。



ギア比は固定ギアでぴったり2!!フリーギアは1.8です。

固定ギアの魅力を十分に楽しむのなら、やっぱりピストのようなバイクの方がいいのかなと、最近思うようになりました。

ギア比2はやっぱり軽いです。どちらかと言うと踏み込むというよりは回す感じになります。

あと、ギア比2だと回転が速すぎてストラップに足をはめるのが難しいです。

これはビンティング・ペダルに変えてしまえば解決する問題なのかもしれませんが、でもなんかビンティングって気分じゃないんです。

本当はフラットで使いたいんです。そのくらいゆるい気分で乗りたい自転車なんです。



それと、不安定な道では固定ギアだとクランクが絶えず回転しているので、フリーよりバランスを保つのが確実に難しいです。

なので、やっぱり固定ギアでダートはおすすめ出来ないです。

もうなんか不利な事ばかり書いてしまいましたが、それでも固定ギアで乗りたいんです!!!

固定ギアってもうなんか衝動なんです。野生の思考なんです。




「お前のMAD(狂気)が目を覚ます!」

固定ギアにはこの言葉が当てはまるなと、、、つくづく思います。






2018年10月29日月曜日

2001年宇宙の旅

キューブリック監督のSF超名作映画「2001年宇宙の旅」をimaxでみました!!



事の発端は国立映画アーカイブで「2001年宇宙の旅70mm版特別上映」というのが開催されて、映画はだいたい35mmフィルムが標準なんですけど、それが70mmで観れるなんてこりゃ凄い!!!と思って楽しみにしていたのですが、チケットが速攻で完売してしまい残念ながら見る事が出来ませんでした。

残念だなーと思っていたらimaxで上映するというので、さっそく見に行きました。

今までimaxで映画を見た事なかったのですが、とにかくスクリーンがデカいです!!これで「2001年宇宙の旅」を見れるのかと思うと始まる前からもうゾクゾクしました。



そして暗いスクリーンから音楽が流れ、、、ジャジャジャーーンとタイトルが現れると、もうそれだけでも震えが止まりませんでした。

それにしても映像が綺麗ですね!!50年前の映画とは思えないほど鮮明で美しい映像は息を呑無ほどでした。

途中休憩を挟んで(この休憩けっこういいですね)後半はもう口をあんぐり開けて、ただただ映像に目が釘付け。

超感動しました。想像を超えるほどの素晴らしい体験でした。

そして「2001年宇宙の旅」は今見ても名作の名にふさわしい作品だなと改めて思いました。

2018年10月21日日曜日

埼玉古墳群へ

久しぶりに100km以上のロングコースを走ってきました。
行き先はヘルシーロードを通って埼玉古墳群へ。



今回平坦の長いコースを走ったのには理由があり、トモニー号のステムの長さを変えんたんです!!

110mmから100mmへ10mmほど短くしたのです。

実は!!以前から平坦の長い距離を走ると肩が痛くなるんですよね。なので持つ場所とか変えて乗って走っていたのですが、いい加減変えようと決心した訳です。

わずか10mmの差でどの程度効果があるか??さっそく効果検証です。





日差しが気持ち良く、緑が気持ちいい!!走っているだけで日頃のモヤモヤが解消されますね。サイクリングってやっぱり気持ちいい。

途中コスモス祭りが開催されていました。これだけ花が咲いていると圧巻ですね。ビューティフル!!



稲穂がキレイですね。ヘルシーロードは季節感が感じられていい道ですね!!



台湾料理屋さんで天津飯と餃子を食べ、さらに走ります、、、まだまだ埼玉古墳群は見えてきません。

分岐点まで来るとあと少し!!!栄光のレットカーペットみたいです。



ようやく埼玉古墳群に到着!!!







正直ね、写真だとよくわからないんですが、なかなか迫力があります。人間ってなんでこんなもの作るんだろう??と不思議に思います。

気がつくと雲がモクモク!!

帰りは荒川サイクリングロードで帰りましたが、なんと雨がザーザー!行きの晴天が信じれれないほどの急変で、帰りはずぶ濡れ!!

時々雨が弱まりますが、また降り出すの繰り返し。



半円の虹がくっきり出現!!これはすごい!!テンション上々!!



雨の降る所、弱まる所がくっきり目で見れる!!



雷もピカピカ。イナズマってこうやって見ると本当に龍みたいに見えますね。



ずぶ濡れになって今回の旅も無事終了。


そして冒頭にも書いたステムの効果ですが、、、全く肩の痛みを感じる事なく走りきる事が出来ました。

もっと早く交換すべきだったなと、、後悔。

こいう部分は気になったら即交換が賢明ですね。


正直な事を書くとですね、ステムの高さを変えるべきか、長さを変えるべきか、そもそもハンドルを変えるべきか、、、いろいろ悩んでいたんです。

ステムを高くするのが良いかなと思っていたんですが、あまりステムを高くしてしまうと、ちょっとカッコ悪いんですよね、、、。

街乗り号とかマジィ号と比べてスピード寄りのトモニー号なので、少し前傾気味で乗りたい!!そんな思いがあったんです。

そして、この前トモニー号に乗った時に思ったんですよ。これ、ステムが低いのではなく、長いのでは??と。

そして交換に踏み切れたわけです。

しかしわずか10mmの差でここまで変わるので、やっぱり自転車のポジションって難しいなと改めて思いまいした。









2018年10月14日日曜日

死してなお、さらに死がある

突然ですが、、、、

私の父が人生の幕を下ろしました。

約半年前に胆管細胞癌が発覚して、手術に成功し、ほんの一時期元気だったのですが、癌が移転していたようで、その後体調を崩したまま亡くなってしまいました。半年前までは本当に元気だったので、なんかこう書いてしまうと誤解を招くかもしれませんが呆気ないなと、、、思ってしまいました。

同じく癌で亡くなってしまったECDでも聴いて父を偲ぶ事にしました。



・君といつまでも(together forever mix)
https://youtu.be/oQhNns7hSx4



そして故人を偲ぶというところでは、ピクサーのアニメショーン映画「リメンバー・ミー」ですかね。

これは死んでしまった人が家族に自分の事を思いだしてもらおうという内容です。



原題は「COCO」ですが映画で流れる「リメンバー・ミー」という曲が、見た人には分かると思うんですが、もう号泣です。

・リメンバー・ミー
https://youtu.be/C06JgQq6H-g

このシーンやっぱり泣けるわ!!!

ちょっと話は逸れますが、信仰心の希薄な私としては、死んでしまったらそれでおしまいと考えているので、リメンバー・ミーみたいに「死してなお、さらに死がある」のかと思うと、ちょっと気がひけるというか、正直うんざりしてしまいます。

しかし、そう書いてしまうとリメンバー・ミーは嘘だろ!!みたいになってしまいますが、そうではく、あくまで生きている人が死者をどう捉えるかという意味で、リメンバー・ミーのような作品を捉えた方が現実的なのかなと考えているという事です。

そして日本にも戒名といものがあって、まぁ細かい事はよくわかりませんが、仏式で葬式をあげると、戒名という死後の名前が与えられ、さらに仏の修行に励むそうです。そして戒名はその人が生きてきた人生や人柄を表すようなものを名前にするそうです。

ちなみに映画監督の黒沢明は「映明院殿紘國慈愛大居士」という名前がついています。

「ECD」とか「さくらももこ」とかはどんな戒名を付けたんですかね??もちろんあればの話ですが、、、ちょっと気になります。

ちなみに私の好きな岡本太郎の戒名を調べたのですが、、、、

そもそも岡本太郎は葬式をあげていない!!!!という事は戒名は無いという事になりますかね!!!生前は「死は祭りだ」と語ったそうです。

死んだら何も無い!!だからこそ今を生きよ!!!それこそ芸術は爆発ダーーーー!!


話がだいぶそれてしまいましたが、ホームレスとかの死に方を検索すると、、、、気持ちとしてはやっぱり私の父は良い死に方をしたのではないかと思います。



2018年9月30日日曜日

展覧会終了!!

平面図の「何を描いてるの?」100連発!展
おかげ様で無事終了しました。



絵も3枚売れたようで!!とても嬉しかったです!!ありがとうございます。

ちなみにあくまで印象ですが、人気のあった作品を紹介します。




コラージュを使ったアブストラクトな感じの絵が人気あったようで、ちょっと意外でした。
見ていると前後関係が狂ってきそうな不思議な絵ですね。ちなみに貼ってあるのも自分の描いた絵です。




このダラ〜とした感じがウケたみたいですね。最近家に帰るとこんな感じでうたた寝しています。気がついたら音楽が止まっています。




この絵は子供に人気があったようです。


また、絵をまとめた画集のようなものもがあったら欲しい!!という意見もありました。なので今後そいう本も作ってみたいなと思いました。

そして会場のテラピンステーションでは早くもマスク展という展示がスタートしております。

テラピステーション:https://twitter.com/gyugyuzumeno


関係ありませんが、マスクと言えば、、、ジェイムズ・クリフォードの「文化の窮状」の表紙ですかね、、、



今改めて見るとマスクとはちょっと違いますが、、めちゃくちゃお堅い学問書なのにこの表紙!!!確かこれは白人を表現しているんじゃなかったけかなぁ、、、。

あとマスクと言えばやっぱり岡本太郎!!



見るからにマスクっぽい顔です。そして「美の呪力」という本にも「仮面の戦慄」という文章が載っています。とてもいい文章です。


話がおもいっきりそれましたが、展覧会本当にありがとうございます!!

これからも芸術は爆発ダーーー!!!の精神でつづけていきたいと思います。




2018年9月22日土曜日

ダークファンタジーとsissy spacek

平面図の「何を描いてるの?」100連発!展もいよいよ大詰め!24日(月)までです。

テラピステーション:https://twitter.com/gyugyuzumeno

ちなみに次の展覧会はもちろん決まっていないし、こんなに沢山さんの作品をまとめて見れる機会は今後もなかなか無いと思われるので、是非足を運んでいただけると幸いです。







ちなみに大人のディズニーランドとか、黒い感じがするとか、ダークファンタジーとか言われました。

そしてこの前黒い感じのする、まさにダークファンタジーなライブに行ってきました!

sissy spacek!!



sissy spacek は、まあ簡単に言ってしまうと、カルフォルニアのハードコアでノイズなバンドです。

John Wieseさんという人のバンドで、今回はバンドのツアー後にJohnさんのソロのツアーもあり、ソロも行こうかなぁ、、、なんて思っている所です。



とにかくうるさいバンドです!!

・sissy spacek
https://youtu.be/q0IQF0WJ78s

私はCDでしか音を聞いていなかったので、とにかくうるさいノイズバンドと思っていたのですが、こうやってライブに来ると、ノイズというよりもハードコアに近いですね。

ロックバンドをやっている友達にこれを聞かせたら「パンクっぽくっていいですね」と返事がきました。

その時はあまりピンとこなっかたけど、こうやってライブを見ると確かにパンクっぽいというかハードコアだなと思いました。やっぱり音楽やっている人の耳は確かですね。

・ハードコアのイメージ(ガラメガンジー)
https://youtu.be/vcoumLkfUIo

最後のアンコールは非常階段、テンテンコ、sissy spacek のノイズ、オーケストラ!!



ノイズとか聞いた事ない人がいきなりここに放り込まれたら、気が狂うんじゃないかというくらい、とにかくごちゃごちゃしていてうるさい!!!

今調べたのですが、おっさんの中に紅一点のテンテンコはアイドルだったんですね!!(「だった」というのが正確かどうか分かりませんが)

・テンテンコ
https://youtu.be/TiL0EQRSD3g

もう完全にノイズミュージシャン!!

黒い感じのする、ダークファンタジーな、素晴らしいライブでした。




2018年9月16日日曜日

何を描いてるの? その32

平面図の「何を描いてるの?」100連発!展

おかげさまで好評をいただいているようで何よりです!

まだまだ続いています。24日(月)までです。是非遊びに来てくださいね!!

高円寺テラピンステーション:https://twitter.com/gyugyuzumeno

話はそれますが、お店の「テラピンステーション」ってグレイトフルデットのアルバム名から取ったそうです。



・テラピンステーション
https://www.youtube.com/watch?v=ugRct9pNQYM

ちなみにテラピンは亀の事みたいです。



ちょっと可愛い!!


今回の展示は、このブログで紹介した絵の解説が読めるようになっていて、本物の絵と解説が同時に見れる仕組みになっています。

しかし!!実は解説のついていない絵が何枚かあります!

なぜか!!

それはまだこのブログに紹介していないからです!!

という訳で、紹介していきたいと思います。


●なんだコレは!!!





紹介してきます!!とか書きながら、いきなり解説のしようもない絵が出てきました。

傾向として、映画を見ると具体的な絵を描き、音楽を聞いてると抽象的な絵を描いているような気がします。

なのでこの絵は多分、前回ライブに行ったMy Bloody Valentineでも聴きながら描いたのだと思います。

モヤモヤした音楽がモヤモヤした絵になる!!単純明解!!


●帽子の男の人は4人、目のお化けは2つ、コーヒーとテーブルも2つ描かれている絵



これも意味がありそうで、実は特に意味の無い絵です。

でも、この絵は、帽子の男の人は4人、目のお化けは2つ、コーヒーとテーブルも2つとあるように、モチーフを反復して描いています。

音楽的なイメージで描いた作品です。


●目が3つ、手が6つある絵



この絵もモチーフが反復しています。

ミニマルミュージックを聴くようになってから反復するイメージは自分の絵で絶えずモチーフになっています。

何なんですかね、、、あの反復する気持ちよさと、堂々巡りを繰り返す絶望感!!なんかそんなイメージがあります。

音楽でいうと、カールストーンとかジム・オルークみたいな感じですかね、、、


●Carl Stone / Mom's



・Mom's
https://youtu.be/Cs28V_qDGzo



●Jim O'Rourke / Bad timing



・Bad timing
https://youtu.be/g4KSE4oo9d8


なんか気持ちいいんんだけど、どことなく不安な気持ちがこみ上げてくるような、、、もしくは、この気持ち良さの奥にモンスターが潜んでいるのではないか!!みたいな感じです。


ほとんど音楽紹介みたいになりましたね、、、これこそ僕らの生きる道、良い夢を、、、。

展覧会もよろしく!!





2018年9月2日日曜日

平面図の「何を描いてるの?」100連発!展

いよいよ始まりました、平面図の「何を描いてるの?」100連発!展









今回は100連発!!と題しておりますが、おそらく120枚くらいは展示してあります!!名に恥じずに済みました!実は100枚もあるのか?とか思っていたのですが結構あるもんですね。

このブログ「何を描いてるの?」で紹介した絵とその解説をほぼ網羅するような感じで展示しています。なかなかの圧巻です。

場所は高円寺テラピンステーション



少し話は逸れますが、ここで売っているシルクスクリーンのTシャツがめちゃめちゃカッコイイ!!



いろいろな絵柄がランダムに印刷してあって、迫力があります!!

他にもサイケデリックなポスターとか、謎の雑貨がゴロゴロ転がっていて、見ていて楽しいです。



ちなみにこのポスターの本物の絵は横が確か10メートルくらいあるとか!!(写真は一部)アクリル絵の具で描いているみたいです!!ヤバーーーイ!!ちょっと頭がおかしいんじゃないかと思いました。

見ていると色々欲しくなってしまうので危険です。


話を戻しますが、、、

展示作品は販売もしています!どの作品も一律8,800円!!

まぁ正直、自分が絵を持っていても押入れの中にしまいこむだけなので、だったら気に入ってくれた人が買ってくれた方が良いかなと思っています。

あとtシャツも2,500円で販売しています。




平面図の「何を描いてるの?」100連発!展

アーティスト平面図が描きに描いた、はっきし言って「何を描いてるの?」と尋ねたくなるような絵画作品を一挙公開!!

会期:18年9月1日(土)〜24日(月)
定休日:水曜日
時間:12時から20時
場所:高円寺 テラピンステーション
〒166-0003 東京都杉並区高円寺南2丁目49−10



会期が長いので臨時休業とかもあるかもしれません。ツイッターで情報をチェックして下さい!!

https://twitter.com/gyugyuzumeno

私も土日のどちらかは在廊しようかと思っています、、、思っているだけですが、、、、。

ぜひ見に来てくれると嬉しいです!!これこそ僕らの生きる道、良い夢を、、、。